お知らせ いろいろ

 

★髄膜炎菌ワクチンを行っています。

 海外留学する際には必須のワクチンです。国内寮生活する若者にも必要なワクチンです。

ワクチン名:メナクトラ(4価)

髄膜炎菌については下記を参照してください。

 

 

☆高齢者肺炎球菌ワクチンが定期接種となりました。

(市町村により自己負担額が異なります) 

 65歳以上の高齢者に肺炎球菌ワクチンが定期接種となります。これまでニューモバックスNPを受けた方は今回の定期接種対象外となります。接種対象者が限定されて開始されます。また、自己負担金がありますのでご注意ください。 ワクチン名:ニューモバックスNP

  

令和2年4月1日~令和3年331日までの接種対象者

 

※市町村から発行された予診票が必要です。

※市町村によって、自己負担額が異なります。

 

対象者

生年月日

65歳となる方

昭和3042日~昭和3141日生

70歳となる方

昭和2542日~昭和2641日生

75歳となる方

昭和2042日~昭和2141日生

80歳となる方

昭和1542日~昭和1641日生

85歳となる方

昭和1042日~昭和1141日生

90歳となる方

 昭和542日~昭和641日生

95歳となる方

大正1442日~大正1541日生

100歳となる方

大正94月2日~大正10年4月1日生

 

   西原町、北谷町、嘉手納町では、上記対象者以外でも行政措置接種として、接種が可能です。詳しくはお住まいの町役場にお問い合わせください。

          

              市町村の接種料金(自己負担金)

 

市町村

接種料金(窓口支払い)

沖縄市

0

宜野湾市

4,000

うるま市

4,000

西原町

4,000

北谷町

0

嘉手納町

0

中城村

4,000

北中城村

4,000

読谷村

4,000

 

  60歳~65歳の方で、心臓・腎臓・呼吸器などに基礎疾患があり、

    日常生活が極度に制限される方も対象となることがあります。

     (身体障害等級1級の方、手帳が必要)

  ☆生活保護者対象者は無料です。

 

高齢者肺炎球菌理想的な接種方法

 ニューモバックスNPを一度も接種してない高齢者は

  プレベナー13を先に接種する方法が勧められています。

   

自費(任意)予防接種値段の改定(平成27年10月改定)

  自費(任意)予防接種の値段が変更になります。  

 

★ 成人のMRワクチン接種を行っています。

   接種希望の方は電話にて予約してください。

   女性の方は接種後2か月は妊娠を避けてください。

   また、妊娠中の方は接種ができません。

 

 

 

ダウンロード
子宮頚がんワクチンに関するWHO声明
子宮頚がんワクチンに関するWHO声明の日本語訳
WHO声明 子宮頚がんワクチン.pdf
PDFファイル 854.4 KB
ダウンロード
平成25年6月24日琉球新報論壇
予防接種の効果と副反応についての投稿記事
「風疹ワクチン接種後は2カ月間妊娠を避ける必要があります。米国では1カ月となっており、日本は安全期間を広く取っています。投稿記事では接種後数カ月と書き換えられています」
琉球新報 投稿 浜端宏英.pdf
PDFファイル 664.3 KB