予防接種スケジュール


1歳までの予防接種スケジュール(準備中)

 

 

 【ポリオワクチン】

不活化ポリオワクチン(IPV)

 これまで行われていた、経口生ポリオワクチン(OPV)はおよそ100万に1回ワクチンが原因によるポリオ様麻痺の発生がありました。そのため、ポリオの発生がない国ではそのような心配のない不活化ポリオワクチン(注射)が行われていました。わが国でもこの(平成24年)9月より不活ポリオワクチンが開始され、生ポリオワクチン接種は終了となりました。

 これまで経口生ポリオワクチンを2回終了していないお子さんは、不活化ポリオワクチンを受けることになります。

①経口生ポリオワクチン0回のお子さん:不活化ポリオワクチン計4回

②経口生ポリオワクチン1回のお子さん:不活化ポリオワクチン計3回(生ポリオワクチンと合わせて4回)

 

①の場合:不活化ポリオワクチンは3週間以上あけて3回接種、その後6カ月以上あけて4回目(通常4回目は3回目接種から1年~1年半後)

②の場合:最初の生ポリオワクチンを1回目と数える。不活化ポリオワクチンを3週間以上あけて2、3回目接種、後6カ月以上あけて4回目(通常4回目は3回目接種から1年~1年半後)

 

11月より、DPT+不活化ポリオワクチン混合ワクチン(DPT+IPV:1本の注射の中にDPTと不活ポリオワクチンが入っている)が開始される予定ですが、現在のところ単独の不活化ワクチンを1回でも接種したり、DPT接種を開始しているお子さんは、そのまま単独の不活化ポリオワクチンを接種するようになっています。