高齢者肺炎球菌ワクチンの理想的な接種方法 

  

  肺炎球菌ワクチンには次の2種類があります。

1.プレベナー1313価結合型肺炎球菌、PCV13

2.ニューモバックスNP(23価莢膜ポリサッカライド肺炎球菌、PPSV)

   

プレベナー13PCV13は平成2511月にプレベナー7PCV7)から変更されました。プレベナー13はプレベナー7の改良ワクチンです。

生後2か月児から接種が可能で、小児でも免疫をつける効果が高い

ワクチンです。プレベナー7は小児のみの適応でしたが、

プレベナー13は小児だけでなく、65歳以上の高齢者にも使用できます(平成26620日適応)。

外国では、「プレベナー13」の成人に対する適応は主に50歳以上の

成人を対象に米国、欧州連合(EU)加盟地域、および韓国等の

アジア各国を含め、101カ国で承認されています。

 

 一方、ニューモバックスNPPPSV)は高齢者にのみ使用されていましたが、2歳以下の小児では免疫をつけることが出来ません。また成人でも接種後徐々に免疫が落ちて、接種後5年以降に再接種が可能ですが、再接種でも十分な免疫をつけることが出来ないことがあります。 

 プレベナー13PCV13)が成人にも適応されることになり、 

米国ではこの二つのワクチンを使った高齢者向けの接種スケジュールが

発表されています。(MMWR ; September 19, 2014 / 63(37);822-825)

  

高齢者に対する肺炎球菌接種の接種方法は以下の通りです。

 

1.プレベナー13⇒ニューモバックスNP612か月空けて接種。

(日本では1年空けての接種となりました)                          

 

 2.ニューモバックスNP⇒プレベナー131年以上空けて接種。

 

日本と異なる点は、

ニューモバックスNPを一度も接種してない高齢者は

 プレベナー13を先に接種する方法が勧められている

 ことです。

 

  但し、日本ではプレベナー13は定期接種ではありませんので、

 1万円の実費接種になります。

  

   これから初めて接種する方、特に基礎疾患がある方は

   先にプレベナー13接種をお薦めします。

   (但し1万円掛かります)