大腸カメラ(毎週金曜日)

琉球大学病院 診療情報管理センター長

(特命教授)

平田哲生

~患者さんへのメッセージ~

安心・安全で苦痛の少ない内視鏡検査を心がけています。

 

※理事長推薦の平田医師は経験豊富な方です。

どなたにも気軽に相談にのる先生ですのでリラックスして検査に望めます。

  (当院はオリンパス社製内視鏡システムを採用しています。)

 

最新機器でNBI(大腸の様子を明確に画像表示)を搭載し、がんの早期発見の診断が出来ます。CO2(二酸化炭素)を使用する事で患者さんの負担を軽減しています。

 

大腸検査は、下剤を飲んで大腸を掃除した後に、お尻から内視鏡を入れて大腸の中を観察し腸の病気やポリープなどを見つけるために行う検査です。

 

大腸がんは全く症状が見られないこともあり早期発見が重要です。

年に一度は定期検査を受けましょう。 

【大腸検査をお勧めする方】

  便に血が混じっている方。

  下痢と便秘を繰り返す方

  腸に痛みがある方 

④数年間大腸検査を受けていない方