胃カメラ(月・火・水・金)

理事長 富里政秀

(当院はオリンパス社製内視鏡システムを採用しています。)

最新機器でNBI(胃の様子を明確に画像表示)を搭載し、がんの早期発見の診断が出来ます。検査に抵抗がある方や苦しくて怖いなど不安がありますが、鎮静剤を使用することで少し眠った感じになりウトウトした状態で検査を行うので、不安や苦痛を軽減します。

【胃カメラをお勧めする方】

 ①  上腹部の痛み

 ②  胃の不快感・胸やけ・のどまたは胸のつかえ感がある方

 ③  貧血を指摘されている方

 ④  急激な体重減少の方

 ⑤  健康診断や人間ドックで「精密検査を受けてください」と言われた方

 

 ※がんは早期発見が重要です。この他にもがんになった家族がおられる方、

  飲酒、喫煙習慣のある方も検査がすすめられます。

胃カメラ検査をして炎症がみられた方は、尿素呼気試験(ピロリ菌)検査をお勧めします。

 

事前に検査がありますので、早めの予約をお願いします。